あかんわ

ブログで日誌でも書くようにすれば多少はやる気が出るかと思ったんです

このブログについて

Mac片手にPythonを使ったデータサイエンスに手を出そうとしたのですが、適当に検索して目についたチュートリアルを途中まで進めては飽きて放置するという状態を繰り返し、一向に習熟が進まないため、学習した内容をブログで日誌に書くことにしました。

いかにしてその心情に至ったか

ブログなら定期的に記事を書く必要がある気がするので、週に一度は記事を書ける程度に学習を進めなければならない気がしてくるだろうという、外的要因による動機づけを期待したもので、いわゆる『無理矢理遅延評価勉強法』*1です。

「そもそもやりたいことがないけど勉強したい場合はどうすればいいのか」

やりたくないならやらなければいい、という考え方もあるでしょうが、それでも今勉強しておきたいこともあると思います。

そんな時は無理矢理勉強しなくてはいけない問題を作っちゃう、のがいいです。
勉強が苦手な人向けの「遅延評価勉強法」 : けんすう日記

そもそも、なぜデータサイエンスに手を出そうとしたかと言いますと、30過ぎてフリーターからサラリーマンにジョブチェンジしたら人生に暇ができたので、暇つぶしに以前から興味のあった計算機科学でも学問してみようかと考えた次第でして、とりあえずは、機械学習を利用するようなプログラムを作成したり、学習性能を改良する方法を模索したりしながら学究していきたいと思います。

*1:いわゆるとか言ってますが考え違いをしているかもしれません